ANA、医師登録制度「ANA Doctor on board」開始 日系2社でドクターコール不要に 

ANA

全日空(ANA)は6月より、医師登録制度「ANA Doctor on board」を開始する。機内で医療対応が必要になった際の医療サポート体制を強化する。

「ANA Doctor on board」では、機内で医療対応が必要となった際に、客室乗務員が「ドクターコール」を行わなくても登録している医師に協力依頼を行うことができる。7月から募集を開始し、9月から国際線で運用を開始する予定。登録はANAマイレージクラブ会員が対象で、医師免許と顔写真付きの身分証明書を申込書とともに事務局に送付し、所定の審査や確認を実施を行い、登録される。協力は任意となり、損害賠償責任が発生した場合でも故意や重過失の場合を除いてANAが主体となって対応する。また、機内に搭載する医療物品も詳細に開示することで、利用者や医師が事前に確認できるようにする。

ANAはこれまでにも、機内へ医療物品を搭載しているほか、国際線では乗務員と乗客に医療サービスを提供しているMedAir社と契約し、24時間365日、緊急時の電話による医療ケアやセキュリティ専門家によるアドバイスを世界中で受ける事ができる「MedLink」を活用したサポート体制を敷いている。

日本航空(JAL)も日本医師会と、医師の登録制度を開始している。

■関連記事
JALと日本医師会、日本初の医師の登録制度開始 機内での急病人サポート

詳細はこちら