バニラエア、沖縄/那覇〜台北/桃園線に就航へ 近日発表の見通し

バニラエア(メイン)

バニラエアは、沖縄/那覇〜台北/桃園線に9月14日より就航する計画であることがわかった。近日中に就航発表を行う。

台湾の複数の情報によると、沖縄/那覇を夜、台北/桃園を早朝に出発する便をエアバスA320型機で1日1便運航する。台北/桃園発は9月15日からとなる。これにより、台北/桃園を発着する路線は東京/成田、大阪/関西を含めて3路線、沖縄/那覇を発着する路線は東京/成田線を合わせた2路線となる。

親会社のANAホールディングスは1月29日に発表した中期経営計画で沖縄/那覇発着の国際線に進出すると発表しており、台北/桃園を拠点とした東南アジア各地への路線展開も行う見込み。

現在、東京/成田〜沖縄/那覇線は9月14日以降のフライトの販売が1日最大2便に限られているものの、沖縄/那覇〜台北/桃園線の就航発表とともに確定するものとみられる。

■ダイヤ
沖縄/那覇(20:35)〜台北/桃園(21:10)/水
沖縄/那覇(21:10)〜台北/桃園(21:45)/月・火・木・金・土・日
台北/桃園(06:10)〜沖縄/那覇(08:45)

■関連記事
バニラエア、沖縄/那覇発着国際線や中国大陸に路線展開へ 供給量は2020年度までに3倍へ
バニラエア、大阪/関西〜台北/桃園線に4月下旬就航へ 台北からの以遠権で東南アジア就航も

詳細はこちら