JR東海、伊勢志摩サミットに合わせ駅や車内のコインロッカー・ごみ箱を封鎖

東海道新幹線

JR東海は、伊勢志摩サミット開催にともない、セキュリティ確保のため一部の駅や車内のごみ箱やコインロッカーを封鎖する。

名古屋(在来線ホームのみ)、金山、桑名、津、四日市、伊勢市、鳥羽の各駅では、5月20日から27日まで、駅係員の目が届かない場所にあるごみ箱を封鎖する。列車内のごみ箱については、東海道新幹線では5月26日・27日の両日、三重県内を走行する特急ワイドビュー「南紀」では25日から27日まで全て封鎖する。

また、コインロッカーについては、新幹線の東京、新横浜、名古屋、京都の各駅で5月23日から預け入れを停止し、26日・27日は封鎖する。在来線の桑名、津、伊勢市の各駅では、5月17日から預け入れを停止し、20日から27日まで封鎖する。

(写真:EX-TRAIN)

詳細はこちら