タイガーエアHD、2016年3月期は黒字化 燃油価格の下落が後押し

タイガーエア

タイガー・エアウェイズ・ホールディングスは、2016年3月期の決算を発表し、30万シンガポールドル(約2,369万円)の黒字となったと発表した。2015年3月期の最終損益は、2億6423万シンガポールドル(約208.6億円)の赤字だった。

売上高は2,550万シンガポールドルで、前期比3.8%増となった。搭乗率も前期比で1.2%増えた。一方で、燃油価格の下落から、費用は前期比で4%抑えられた。タイガー・エアウェイズ・ホールディングスは、2015年3月期にはインドネシアやフィリピンからの撤退、事業売却などで多くの損失を計上していた。

タイガー・エアウェイズ・ホールディングスはシンガポール航空の完全子会社となる見込みで、シンガポール航空傘下の中長距離戦格安航空会社(LCC)のスクートのキャンベル・ウィルソン最高経営責任者(CEO)は、Traicyのインタビューに対し、今月にも予約システムを統合すると話している。

■関連記事
タイガーエアHD、約238億円の赤字に 撤退費用など膨らむ

詳細はこちら