「絶対無事故である航空会社を作らなければ」 エアアジア・ジャパン、井手隆司会長講演【全文書き起こし(3)】

エアアジア

2月15日に中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同盟会が主催し、名古屋市内で行われた講演会で、エアアジア・ジャパンの井手隆司代表取締役会長が行った講演、「空港と地域の機能強化に向けて〜就航エアラインが地域に望むこと」の全文書き起こしをお送りする。井手会長は、就航時期や2016年から20年までの就航路線や機材計画をはじめとした経営計画などについて、詳細な説明を行った。

ゴールデンウィーク特別企画として約14,000字にわたる内容を5日間、5回にわけて配信する。(1)はこちら(2)はこちら(3)はこちら(4)はこちら(5)はこちら

DJ9

さあ皆さんの関心事です、4月1日就航予定。気を揉まして揉まして、やっと4月1日とかいう日にちが出ておりましたけれども、実は12月に私ども新しい経営陣になりまして、点検を行いました。冒頭にもお話した通りでございますが、実際に果たして4月1日できるかどうか、残念ですが無理です。会社の点検を行い、なおかつビジネスプランの見直しを行いました。

その結果こういうことが分かりました。実は飛行機が、1号機が既に日本には到着しているんですが、到着して以来一度も飛んでおりません。なぜか。その前にですね、エアアジア・ジャパンはAOC(航空運送事業の経営許可)、いわゆる航空法上でいう第100条なんですけれども、航空会社として飛行計画や事業計画、いろんな計画書を提出していって、航空事業者として充分に審査を受けた後にですね、この計画は大丈夫ですということで承認をいただきます。このAOCを獲得したためにですね、すぐにでも飛べるという感覚で事業を推進していた。まあそういう関係で本来やらなければならなかったことが後回しになっています。

1 2 3