ジェットスター・アジア機内で出産、名前は「ジェットスター」に

3K

4月22日、シンガポール発ヤンゴン行きのジェットスター・アジア3K583便で、ヤンゴンへの着陸後に機内で男の赤ちゃんが生まれた。母親と赤ちゃんは着陸後、ヤンゴンの病院に収容された。

6ポンド7オンス(約2.9キロ)の赤ちゃんで、ジェットスター・アジアは、1,000シンガポールドル(約79,000円)相当の子供用品を贈る予定。名前は「ソー・ジェットスター」と名付けられた。

ジェットスターでは、国際線では妊娠29週目以降、では医師の診断書の携帯が必要。診断書がない場合は搭乗を拒否する可能性があるという。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

カナダ行き

59,159