阪神電気鉄道とオリックス自動車、鉄道&カーシェアで連携 阪神各駅にカーシェアを設置へ

orixcarshare

阪神電気鉄道とオリックス自動車は、阪神沿線での交通利便性の向上を目的とした業務提携を締結した。

img_100218_1

阪神沿線の目的の場所まで移動する時に、最寄り駅までは鉄道で、駅から目的地まではカーシェアを利用するという選択肢を提供し、駅からの交通手段を一層充実させようとするもの。阪急阪神グループの「STACIA PiTaPa」カードがオリックスカーシェア車両の「鍵」としても使えるため、1枚のカードで鉄道、バス、カーシェアなどによる移動やショッピングが楽しめる。現在カーシェアリングは、阪神電鉄全51駅のうち20駅に25ヶ所設置されている。

また、連携を記念した初回キャンペーンも実施中で、5月9日から7月31日までの期間中、オリックスカーシェアに入会すると、ICカード発行手数料と2ヶ月間の月額使用料、さらに時間料金2時間分が無料で提供される。

詳細はこちら