ANA、東京/成田〜武漢線にきょう就航 ボーイング767型機で毎日運航

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、きょう4月28日より東京/成田〜武漢線に就航する。

武漢は湖北省の省都で、北京・上海・広州・成都などの中国主要都市の中心に位置する、人口1,000万人を超える中部地域最大の都市。三国志の「赤壁の戦い」の舞台として、三国時代に関する旧跡や伝説などの観光資源も多く存在する。堅調な経済成長により日系企業の進出増加が続いており、ビジネス渡航需要が拡大していることに加えて、近年は訪日旅行需要も非常に旺盛であることから、中国内陸部としては2都市目となる武漢への就航を決定した。これにより、ANAの旅客便は北京・上海・広州・大連・瀋陽・青島・杭州・厦門・成都・香港を含めた中国11都市に就航することになる。

東京/成田〜武漢線は、春秋航空日本が週3便、中国南方航空が週2便を運航している。ANAは毎日運航することで、合わせて週12便体制となる。機材はボーイング767-300型機を使用する。

東京/成田を夕方に出発して武漢に夜に到着、折り返し便は武漢を午前に出発して午後に東京/成田に帰着するスケジュールであることから、北米線との乗り継ぎも可能になる。毎日運航する。

■ダイヤ
NH937 東京/成田(19:10)〜武漢(22:20)
NH938 武漢(07:30)〜東京/成田(12:20)/火・水・木・金・日
NH954 武漢(09:15)〜東京/成田(14:05)/月・土

詳細はこちら