ANA、羽田空港アメリカ線発着枠の配分に歓迎のコメント 「羽田と成田を最大限に有効活用」

ANA(メイン)

ANAホールディングスの片野坂真哉社長は、国土交通省がアメリカ路線の羽田空港発着枠の配分を決定し、全日空(ANA)へ傾斜配分することを発表したことに対し、歓迎するコメントを発表した。

「ANAグループは、国民の貴重な財産である、羽田空港及び成田空港を最大限に有効活用し、お客様利便性の向上や訪日需要の創出、そして我が国に国際競争力の強化に向け、真摯に取り組んでまいりたい」としている。

■関連記事
国土交通省、羽田空港国際線発着枠の配分を発表 ANA4枠、JAL2枠
JAL、羽田空港アメリカ線発着枠の配分にコメント 「仕方がないが残念」

詳細はこちら