ユナイテッド航空、東京/羽田〜サンフランシスコ・ニューアーク線に就航を申請

ユナイテッド航空(メイン)

ユナイテッド航空は、羽田空港の昼間の発着枠を使用し、サンフランシスコとニューヨーク/ニューアークへの就航をアメリカ運輸省に申請した。

日本とアメリカ間の航空協議で合意した昼間の発着枠10枠のうち、5枠はアメリカの航空会社に割り当てられた。また、深夜早朝の発着枠は2枠に削減され、そのうち1枠はアメリカに割り当てられている。

ユナイテッド航空のスティーブ・モレシー規制・政策担当副社長は「ユナイテッド航空は、東京都心に程近い羽田空港と、世界的な商業と文化の中心地ともいえる米国の二つの都市を結ぶことを申請し、日米両国間により多くのフライトスケジュールの選択肢を提供いたします。これまで太平洋路線のゲートウエイであるサンフランシスコと羽田を結ぶ路線は、全米の大小さまざまなコミュニティから旅行する15万人以上の顧客へ利便性をもたらしています。弊社は米国運輸省が当初下した、米国の消費者に対して便利で競争力の高い同路線の昼間時間帯での運航継続を承認すると期待しています」と述べている。

ユナイテッド航空は現在、東京/羽田〜サンフランシスコ線に1日1便を就航しており、東京/羽田を深夜に発着している。

■関連記事
デルタ航空、東京/羽田〜ロサンゼルス・ミネアポリス・アトランタ線の就航を申請
アメリカン航空、東京/羽田〜ロサンゼルス・ダラス/フォートワース線の就航を申請
ハワイアン航空、東京/羽田〜ホノルル・コナ線の就航を申請

詳細はこちら