熊本空港、あす18日も全便欠航へ ANAやJALなど欠航決める

kumamoto

4月16日午前1時25分頃に発生した、14日に発生した熊本県を震源とする地震の余震とみられる地震の影響で、熊本空港のターミナルで天井崩落が起きたため、あす18日も熊本空港ターミナルビルの閉鎖される。

すでに、全日空(ANA)と日本航空(JAL)、ソラシドエア、天草エアラインは18日に発着する全便の欠航を発表している。

国土交通省によると、16日午前6時現在、熊本空港では管制業務は継続しているものの、管制官はタワーでの業務ができず、非常用発電機を使用し、気象事務室に避難している。滑走路で一部剥離や、進入路指示灯でトラブルがみられるものの、運用に支障はない。ターミナルビルは、天井部分の崩落、水濡れ、保安区域の柱にクラックが見つかっている。

■関連記事
【リンク集】熊本地震、交通・観光関連情報
熊本空港、あすも全便運航見合わせ ターミナル再開目処立たず
九州新幹線、復旧の見込み立たず 防音壁落下や損傷など明らかに
ANA、九州地震で福岡〜鹿児島線と大阪/伊丹〜熊本線で臨時便 4月20日まで
JALグループ、福岡〜鹿児島線などで臨時便を追加設定を決定
熊本市内のホテルの営業状況、新規予約受付停止やサービスに制限も