日本のビジネスパーソン、言語が大きな壁に 海外出張時に感じる不安11、ブッキング・ドットコム調査

bookingcom

ブッキング・ドットコムは、過去1年間で4回以上、ビジネス目的で国外に旅行したアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、日本、中国、イタリア人の18歳から65歳の男女4,555人を対象に海外出張時の不安について訪ね、結果を発表した。

booking160408

その結果、回答者の38%が「出張に行くことに前向き」ではあるものの、93%が「海外出張の際に何らかのストレスや不安を感じたことがある」と回答した。「出張の計画」から「宿泊施設の予約」「移動手段の手配」「領収書管理」「現地での移動」などの手間や煩わしさに加え、時差で睡眠不足になる場合も多く、現地での仕事が始まる前から疲れてしまうこともあるようだ。

特に、回答者の26%が現地での「言葉の壁」を不安に感じ、「慣れない環境への不安」が20%、「文化・習慣の違いへの不安」が17%となっている。日本のビジネスパーソンにとって「言葉の壁」はまさしく障害になっているようで、8ヶ国の中で最も多い45%が言語の壁がストレスとなっていると感じている。

また、睡眠時間を含め、海外出張時に一人で過ごす時間は「1日5時間未満」と答えたビジネス旅行者が12%いたものの、平均では「1日8.9時間」となった。この寂しさを紛らわすためか、「仲の良い同僚と同じ部屋に泊まることに抵抗のない」の回答者は33%と意外と多くなった。「同僚と同じ部屋になることに抵抗を感じる」ビジネスパーソンが最も少ない国は中国でわずか8%。反対に「最も抵抗を感じる国」は日本で、57%が「絶対に避けたい」と答えている。日本のビジネスパーソンは、ホテルではなるべく1人で過ごしたいと考えているようだ。

ブッキング・ドットコムforBusinessの製品開発ディレクター、リプシー・バンドリアン氏は、「出張は異なる文化を体験したり、同僚に会ったり、視野を広げる大きな機会を提供してくれる反面、空港の行列や遅れ、宿泊施設の不便さ、落ち着く時間が無いなど、ストレスを感じることも少なくありません。ブッキング・ドットコムforBusinessなら無料Wi-Fi、会議室、満足のいく朝食など、出張時に欠かせない要素がそろった宿泊施設を簡単に検索できます。その結果、様々な煩わしさが軽減されるので、出張が良い体験となる可能性が高まるでしょう」とブッキング・ドットコムを利用した出張について述べている。

■海外出張時に感じる不安11
1位:飛行機・電車に乗り遅れる(36%)
2位:言葉の壁(26%)
3位:荷物の紛失(25%)
4位:パスポートやプレゼン資料など、重要書類の紛失(24%)
5位:ミーティングのキャンセル(21%)
6位:慣れない環境(20%)
7位:文化・習慣の違い(17%)
8位:デジタル機器のセットアップ、正常に動作するかどうか(16%)
9位:ノートPCや携帯電話など会社所有デバイスの紛失(15%)
10位:初対面の人とのミーティングやプレゼンの実施(15%)
11位:現地での移動(15%)

詳細はこちら