熊本空港と福岡空港、滑走路には異常なく通常運用 一部便で欠航や遅延

福岡空港

4月14日午後9時26分頃に熊本県で発生した地震の影響で、熊本空港を15日に発着する4便の欠航と、一部の便での遅延が決まった。

14日午後11時30分に作成した、国土交通省資料によると、福岡空港では施設の異常はなかったものの、熊本空港では灯火が場外の一部で異常が発見された。滑走路は異常は発見されなかった。熊本空港に駐機していた機体には異常なかった。

全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ソラシドエアでは航空券の払い戻しや変更を無手数料で受け付けている。

■関連記事
【リンク集】熊本地震、交通・観光関連情報

詳細はこちら