ANA、燃油サーチャージゼロ継続 7月発券分まで

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、燃油価格が下落したことから、国際線の燃油サーチャージの徴収を、7月発券分まで行わないと発表した。

航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際に6,000円を下回った場合には、燃油サーチャージを廃止するとしており、2月から3月までの2ヶ月平均値が5,066円と6,000円を下回ったことから、引き続き徴収を行わない。4月から燃油サーチャージの徴収を行っておらず、4ヶ月連続で徴収しないことになる。

詳細はこちら