ジェットスター・ジャパン、大阪/関西〜マニラ線開設 グループ会社と合わせてデイリー運航に

ジェットスター(メイン)

ジェットスター・ジャパンは、4月7日より、大阪/関西〜マニラ線の就航を開始した。週4便から運航を開始し、5月30日からは、グループのジェットスター・アジアの運航便を合わせると週最大7便となる。日本の格安航空会社(LCC)が関西国際空港と東南アジアを結ぶ路線を開設するのは初めて。

これにより、ジェットスター・ジャパンの国際線は、香港、台北/桃園を合わせた3都市、8路線に増加した。初便はほぼ満席で定刻通り出発した。

ジェットスター・ジャパンの片岡優代表取締役会長は、「昨今、フィリピンはアジア随一のリゾートとしてのみならず語学留学先としても人気を集めており、年々日本からフィリピンを訪れる人が増えています。また、日本へのビザ取得緩和も手伝い、フィリピンから来日するお客様も増えており、国籍・地域別の外国人入国者数では上位10ヶ国に入っています。ますます増える両国間の渡航需要に応えるべく、2012年3月より関西国際空港とマニラを結ぶ路線を運航してきたジェットスター・アジア航空との連携を強化し、ジェットスターグループとして、お得で気軽にご利用いただけるジェットスターの『バナナ線』を盛り上げてまいります。」と述べた。

■ダイヤ
GK81 大阪/関西(20:30)〜マニラ(23:35)/火・水・木・金(4月7日〜28日)、火・木(4月29日〜5月31日)、火・水・木・金(6月1日〜30日)
GK80 マニラ(00:35)〜大阪/関西(05:30)/水・木・金・土(4月8日〜29日)、水・金(4月30日〜6月1日)、水・木・金・土(6月2日〜7月1日)

詳細はこちら