ANA、プロペラ機でも機内Wi-Fiサービス導入 3月22日からQ400型機で

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、DHC8-Q400型機で、「ANA Wi-Fiサービス」を3月22日より開始する。プロペラ機でワイヤレスエンターテイメントサービスを提供するのは、日本で初めてとなる。

パナソニックアビオニクスの機内ワイヤレスエンターテイメントサービス「eXWireless」を活用し、機内ではビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍、ライブテキストニュースを、乗客のスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応機器で楽しむことが出来る。ブラウザでは一部閲覧できないコンテンツがあるため、ANA公式モバイルアプリの利用を推奨している。ボーイング777-300型機で展開している、インターネットとLIVE TVサービスは利用できない。

開始時は1機のみで、4月末までに計3機にまで拡大する。その他の同型機への導入は、現段階では未定となっている。

詳細はこちら