アシアナ航空のサンフランシスコ着陸失敗事故、45日の運航停止は妥当 ソウル行政裁判所が判決

アシアナ航空

韓国メディアによると、ソウル行政裁判所は2月19日、ソウル/仁川発サンフランシスコ行きのアシアナ航空214便が2013年7月6日、サンフランシスコ国際空港で着陸に失敗し大破した事故で、ソウル/仁川〜サンフランシスコ線を45日間運航停止するとの韓国国土交通部の処分は正当との判決を下した。アシアナ航空は処分は重すぎるとしていた。

アシアナ航空214便は、ボーイング777-200ER型機で運航。パイロットの人為的ミスでサンフランシスコ国際空港の滑走路の手前で機体尾部が激突し、乗員16名、乗客291名のうち半数以上が負傷し、シートベルトをしていなかったとみられる3名が死亡した。機体は大破し、一部は乗客の脱出後に炎上した。パイロットの訓練不足などが主な原因とされ、ボーイング777型機として初の死亡事故となった。

アシアナ航空は判決を不服とする場合、控訴することができる。控訴を見送れば、45日間の運航停止処分が確定する。

■関連記事
アシアナ航空機着陸失敗、人為的なミスと断定 乗客2名はシートベルトをしていた場合は助かった可能性も

詳細はこちら