アメリカン航空、機内Wi-Fiサービスの契約解除を求めGogo社を提訴

アメリカン航空(メイン)

アメリカン航空は、機内Wi-Fiサービスの契約解除を求め、Gogoを提訴した。現地メディアが報じている。

アメリカン航空は現在、主に国内線やリージョナル路線で使用しているボーイング737型機など約200機で、Gogoが提供する機内Wi-Fiサービスを採用している。これをViasatの更に高速なサービスに切り替えることを検討し、Gogoに対して契約解除の通知を行ったが、Gogoは応じなかった。これを受けアメリカン航空は2月12日、契約解除を求めてテキサス州タラントの裁判所に訴状を提出した。

Gogoはアメリカン航空が訴状を提出したことを認める声明を発表し、メディアに対しては「アメリカン航空は大切な顧客。この訴訟につながった契約の解釈について、意見の相違を解決できることを期待している」とコメントしている。

Gogoの機内Wi-Fiサービスは、日本航空の国内線やデルタ航空の日本と北米を結ぶフライトでも提供している。

詳細はこちら