ウィラーグループ、地域創生で商社を兵庫県豊岡市に設立 観光資産開発などで支援

WILLER TRAVEL

高速バス「WILLER EXPRESS」を運行するWILLER TRAVELを傘下に持つ、WILLER ALLIANCEは、ウィラーグループが考える地方創生を実現するために、2016年3月に地域商社WILLER CORPORATION(ウィラーコーポレーション)を兵庫県豊岡市に設立すると発表した。

ウィラーグループは地方創生とは、地方都市が人口減少・少子高齢化に直面するなか「世界とつながり、継続的にまちを元気にすること」と考え、「世界とつながる活発な商売が営まれていること」、「安定した利便性の高い交通インフラがあること」、「人が交流するコミュニティがあり、まちににぎわいがあること」が重要であるとしている。

ウィラーコーポレーションは、地域の観光資産を着地型旅行商品として開発するための支援を行い、データベース化することで、国内外の旅行会社やインバウンド旅行者が購入できる仕組みづくりを行う。また、地域産品の海外輸出や販売支援、販売データに基づくマーケティングやコンサルティングなどを中心に支援を行う。

また、ウィラーコーポレーションは、豊岡版DMO機構が掲げる「ローカル&グローバル・マーケティング」と、ウィラーグループが考える地方創生像が共鳴したため「豊岡版DMO機構」に参加することも決定した。

詳細はこちら