クアラルンプール発のANA機、エンジン不具合で緊急着陸

ANA

2月22日日本時間9時50分頃(現地時間08時50分頃)、全日空(ANA)のクアラルンプール発東京/成田行きのNH816便が、クアラルンプール空港離陸後、片方のエンジンに不具合が発生したため、クアラルンプール国際空港に引き返し、緊急着陸した。

機体はボーイング787−8型機で、整備を行っているものの、現在のところ再出発の目処は立っていない。

ANAは、「当該便にご搭乗いただいておりましたお客様をはじめ、ご心配ならびにご迷惑をおかけいたしました全てのお客様、関係者の皆様に対し、深くお詫び申し上げます。」との声明を発表している。

詳細はこちら