北朝鮮、地球観測衛星の発射予告を前倒し あすから8日間

kitacyosen

全日空(ANA)と日本航空(JAL)は、北朝鮮が地球観測衛星「光明星(クァンミョンソン)」の発射予告を変更し、あす2月7日から14日までの日本時間午前7時30分から午後0時30分までの間に発射することを通告した。

政府が注意喚起を行っていることを受け、一部の空域と航空路に飛行制限が出ているため、ANAとJALが運航する国際線の計8便であすから迂回飛行を行う。それ以外の航空会社も、フィリピン当局が一部航空路を閉鎖するなどの措置を取るため、影響が出る可能性が高い。

地球観測衛星は発射後、第1ステージは韓国の西海上、衛星の外側を覆うカバーの落下地点は韓国の南西海上、第2ステージはフィリピンの東海上で行われる見込み。

JALは2月4日、ANAは2月5日までに購入した対象便の航空券は、3月3日までの同一路線の便に無料で変更を1回に限り受け付ける。変更は両社ともコールセンターで電話でのみ受け付ける。旅行商品や旅行会社で航空券を購入した場合は、購入した旅行会社に問い合わせるよう呼びかけている。

■対象便
JL741 東京/成田(09:20)〜マニラ(13:25)
NH869 東京/羽田(09:35)〜マニラ(13:35)
NH836 ジャカルタ(06:25)〜東京/成田(15:45)
JL720 ジャカルタ(06:45)〜東京/成田(16:05)
NH802 シンガポール(06:30)〜東京/成田(14:20)
NH816 クアラルンプール(08:10)〜東京/成田(15:50)
NH820 マニラ(09:45)〜東京/成田(15:00)
JL746 マニラ(09:50)〜東京/成田(15:00)

■関連記事
北朝鮮、2月8日から25日に”衛星”発射を予告 韓国とフィリピン近海に落下予定

詳細はこちら