ガルーダ・インドネシア航空、ビジネスクラスに「スーパーダイヤモンドシート」搭載のA330型機受領

ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空は、ビジネスクラスに「スーパーダイヤモンドシート」を採用した新機材エアバスA330-300型機と10機目のボーイング777−300ER型機の受領を発表した。

ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港GMF敷地内の格納庫で受領式が行われ、M.アリフ・ウィボウォ社長兼最高経営責任者(CEO)は「本日、A350 型機以外でスーパーダイヤモンドシートを初めて搭載したA330型機と10機目のB777-300ER型機を受領できたことを嬉しく思います。これらの新機材導入は、すべてのお客様により快適な空の旅を提供するためのガルーダ・インドネシア航空の継続的な路線拡大と保有機材の刷新プログラムに基づくものです。 『スーパーダイヤモンドシート』を採用したビジネスクラスでは、弊社のサービスコンセプトである “ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス”に基づく、さらなる快適な空の旅をお楽しみいただけると思います。」と述べた。

A330-300型機はビジネスクラス24席、エコノミークラス263席の計287席、ボーイング777−300ER型機はビジネスクラス26席、エコノミークラス367席の計393席を配置している。「スーパーダイヤモンドシート」は全席が通路側に面した「1-2-1」配列で、16インチのタッチパネルモニターとタッチパネルコントローラーを搭載。各席にはUSBポート2つと電源、調整可能なアームレスト、ヘッドレスト、読書灯を備える。エコノミークラスの新シートは最大で4段調整ができるフットレスト付きリクライニングシートで、11インチタッチパネルモニター、USBポート、電源を全席に設置している。

ガルーダ・インドネシア航空では2016年、ボーイング777−300ER型機1機、エアバスA330-300型機4機、ATR72-600型機4機、エアバスA320型機8機の計16機を受領する計画。子会社のシティリンクを含め、2016年末の総保有機材数は188機となる。

詳細はこちら