北朝鮮、2月8日から25日に”衛星”発射を予告 韓国とフィリピン近海に落下予定

kitacyosen

国土交通省は、国際海事機関(IMO)から日本を含むIMO加盟国に、北朝鮮当局からIMOに「地球観測衛星」の打ち上げのための事前通報があったことが通知されたと発表した。国際民間航空機関(ICAO)も国土交通省に同様の通達を行った。

「地球観測衛星」は「光明星(クァンミョンソン)」で、2月8日から25日まで、日本時間午前7時30分から午後0時30分までの打ち上げを予告している。第1ステージは韓国の西海上、衛星の外側を覆うカバーの落下地点は韓国の南西海上、第2ステージはフィリピンの東海上となる見込み。

国土交通省は船舶運航事業者に対して周知を図るとともに注意喚起を行い、危険区域の迂回が原則となるものの、やむを得ず航行する場合は国土交通省安全政策課危機管理連絡室に報告するよう伝えた。発射に対する情報提供はメールで行い、外航旅客船は連絡を受けた後、15分以内に位置や被害の有無を報告するよう呼びかけた。航空会社に対しては、韓国とフィリピンのノータムのほか、南西諸島上空を通過する可能性についても注意を呼びかけている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

スペイン行き

54,965