バニラエア、沖縄/那覇発着国際線や中国大陸に路線展開へ 供給量は2020年度までに3倍へ

ANAホールディングスは、きょう1月29日に発表した中期経営計画で、訪日需要の獲得を目指し、100%子会社の格安航空会社(LCC)バニラエアで首都圏ナンバーワンのLCCブランドを構築し、グループの第4のコア事業への成長を目指すことを明らかにした。

主に日本発の全日空(ANA)未就航地への進出や、中国大陸、沖縄/那覇発着国際線への進出、高性能機材の導入の検討を行う。中期経営計画で発表されたイメージ図では、中国大陸、ベトナム、タイ、インドネシア、フィリピン線のほか、札幌/千歳・大阪/関西〜台北/桃園線などへの就航を見込んでいる。

これにより、2020年度末の座席キロベースでの供給量は、2015年度比318%となる計画。

詳細はこちら