アエロメヒコ航空、メキシコ・中南米発の燃油サーチャージ廃止 日本発着は徴収

アエロメヒコ航空

アエロメヒコ航空は、2月1日より日本〜メキシコ・中南米間の燃油サーチャージを、メキシコ・中南米発に限り廃止すると発表した。

これにより、2月1日以降発券分で燃油サーチャージを徴収するのは日本発のみとなり、金額は片道あたり7,000円となる。燃油サーチャージは燃油価格の変動に応じて2ヶ月ごとに見直しており、日本発着はシンガポールケロシンの直近2ヶ月の平均値に、同期間の平均為替レートを乗じて日本円にした値が6,000円を下回った場合は廃止する。

アエロメヒコ航空は、東京/成田〜メキシコシティ線を週4便運航。1月11日からはメキシコシティ発はモンテレイ経由から直行便での運航に切り替え、所要時間は2時間以上短縮されたほか、4月7日からは週5便に増便する。

※記事の一部を訂正しました。

■ダイヤ
AM57 東京/成田(15:25)〜メキシコシティ(14:10)/月・水・土・日
AM58 メキシコシティ(00:21)〜東京/成田(06:20+1)/火・金・土・日

■関連記事
アエロメヒコ、東京/成田〜メキシコシティ線増便 来年4月から週5便に
アエロメヒコ航空、メキシコシティ発東京/成田行きを直行便に 来年1月から

詳細はこちら