Airbnb、2016年に訪れるべき16地域を発表 トップは大阪市中央区

airbnb

世界で民泊滞在を提供するAirbnb(エアビーアンドビー)は、2015年にAirbnbを利用した4,000万人以上の宿泊者の旅行パターンを分析し、人気が急上昇した地域を選定した、2016年に訪れるべき16の地域を発表した。

アジアの様々な地域がランキング上位を占めており、大阪城といった歴史的な遺産や、商店街、食い倒れ大阪を代表する市場などで人気の大阪市中央区が、2014年と2015年の利用者比で7,000%増と、2位の1230%増に圧倒的な差をつけて首位となった。

Airbnbホスピタリティ担当責任者のチップ・コンリー氏は「Airbnbを利用する旅行者は、冒険好きで、今まで人が訪れていなかったエリアを見つけトレンドを創り出す人たちです。そうする中で彼らは、かつて観光では恩恵を受けることのなかったローカルな喫茶店や商店を訪れることになり、地元ならではの体験することができます。ホストの助けを借りてハンブルクのハンマーブロークやクアラルンプールのブリックフィールズに向かえば、これらの場所をその地を良く知る地元民の視点で見ることができ、まったく新しい形でその地のカルチャーを味わうことができるのです。」とコメントしている。

■2016年に訪れるべき16の地域
1位:大阪市中央区/日本(7000%増)
2位:バンコク・バンランプー/タイ(1230%増)
3位:クアラルンプール・ブリックフィールズ/マレーシア(1200%増)
4位:ボルドー・カピュサン/フランス(960%増)
5位:アテネ・コウカキ/ギリシャ(800%増)
6位:セビリア・トリアナ/スペイン(770%増)
7位:ハンブルク・ハンマーブローク/ドイツ(415%増)
8位:オアフ島・カネオヘ/アメリカ(320%増)
9位:フォルタレザ・メイレーレス/ブラジル(285%増)
10位:メキシコシティ・ローマ・スール/メキシコ(275%増)
11位:ダラス・オークローン/アメリカ(260%増)
12位:ジョージア州アトランタ・ポンシー=ハイランド/アメリカ(240%増)
13位:ブダペスト・第7地区/ハンガリー(145%増)
14位:バリ島・ブキット半島/インドネシア(130%増)
15位:メルボルン・リッチモンド/オーストラリア(126%増)
16位:ブエノスアイレス・コンスティトゥシオン/アルゼンチン(125%増)

詳細はこちら