北京行きのKLMオランダ航空機、乗客が暴れ乗務員負傷 乗客ら取り押さえ

KLM787

1月3日、アムステルダム発北京行きのKLMオランダ航空KL897便で、乗務員1名が負傷したと発表した。

乗客がトイレで自身を負傷させた上で、乗務員に攻撃したとしています。他の乗務員と乗客がこの乗客を取り押さえた。KLMオランダ航空では、このような状況に対応するよう訓練を受けていると声明で発表している。

機体は北京に無事に着陸した。負傷した乗務員は北京で治療を受け、オランダに戻った。

詳細はこちら