佐賀空港、1月16日から愛称を「九州佐賀国際空港」に イベントも

九州佐賀国際空港

佐賀県は、佐賀空港の新しい愛称「九州佐賀国際空港」の使用を、1月16日より開始する。同日午後0時30分から佐賀空港出発ロビーで、佐賀県の山口祥義知事らが出席したキックオフイベントを開催する。

キックオフイベントでは、新ロゴマークとキャッチフレーズの披露のほか、佐賀県出身のアーティストであるミヤザキケンスケ氏と北部九州の子どもたち約140名も出席し、「九州佐賀国際空港」をイメージして一緒に描いたタペストリーの除幕を行う。また、当日は展望デッキを無料開放し、翌17日以降は小学生以下の展望デッキ入場料を無料化する。

佐賀空港には現在、全日空(ANA)の東京/羽田線が1日5往復、春秋航空日本の東京/成田線が1日1往復、ティーウェイ航空のソウル/仁川線と春秋航空の上海/浦東線がそれぞれ週3便就航している。春秋航空は杭州線をできるだけ早い時期に開設する方針。

年始記者会見で山口知事は、「LCCの拠点空港化を進めて、九州におけるゲートウェイ空港を目指したい」と抱負を述べた。

詳細はこちら