スターウッド、「セントレジス・マカオ,コタイセントラル」をオープン

macau

スターウッドホテル&リゾートは、「セントレジス・マカオ,コタイセントラル」を12月18日、オープンした。

セントレジス・マカオは、53平米から477平米のスイートまで400室を有する。高級料理からビストロスタイルの料理まで多様なレストランのほか、「セントレジスバー」では特製カクテル「Maria do Leste(東洋のマリア)」を楽しむことができる。38階にはコタイストリップを望めるスパでトリートメントを提供するほか、2,457平米のデッキスペースとプライベートカバナを含む屋外プールも備えている。全室で24時間、セントレジスバトラーサービスを提供する。MICEにも対応できる、小規模なミーティングルーム5室やVIP専用ミーティングルーム、350席が配置できる「アスター・グランドボールルーム」も用意しているほか、スターウッドホテル&リゾートは、マカオでシェラトンブランド最大級となる4,001室を誇る「シェラトン・マカオホテル コタイセントラル」も運営しており、最大5,000人が収容できるボールルームも有している。

セントレジスホテル&リゾートでグローバルブランドリーダーを務める、ジム・ペトラス氏は、「世界中の旅行市場でラグジュアリー分野の需要が増え続けており、マカオでもその傾向が顕著に見られます。この傾向は、市場においてラグジュアリーブランドが浸透してきたこと、さらには2015年に旅行者の数が史上最多となったことが大きく関与していると言えます。1904年にニューヨークで最初のセントレジスが開業して以来、セントレジス・マカオは当ブランドの36番目のホテルとなります。今年はさらにイスタンブール、ムンバイ、ドバイにおいても新たなホテルが続々とオープンする予定です」とコメントした。

2016年には、クアラルンプール、ランカウイ、モルディブ、長沙、カイロに5つのセントレジスブランドのホテルをオープンする計画。

詳細はこちら