日本人の2016年旅行予算額は67万円に トリップアドバイサー調査

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは、全世界の宿泊事業者および旅行者を対象にした世界最大規模の旅行動向調査「トリップバロメーター旅のトレンド2016」を発表しました。この調査は、世界44,000名以上の旅行者と宿泊施設が参加し、国・地域・グローバルレベルで来年の旅行動向を示すものです。

2016年の一人当たりの年間旅行予算額について聞いたところ、日本はアジア諸国の中で最も高い676,600円で、世界で見ると12位となりました。他のアジア各国の旅行予算額は、次いで中国が435,600円、インドが375,100円となっています。世界で年間旅行予算額が最も高額な国はオーストラリアとなりました。年間旅行予算額は1,318,900円で、日本人平均のおよそ2倍となっています。

昨年よりも旅行予算額を増額すると回答した世界の旅行者にその理由を尋ねたところ、最も多かった理由は「自分や家族への報奨として」、「自分の希望の旅先へ行くから」、「より長期の旅行へ行くから」の順でした。一方、旅行予算を減額すると回答した旅行者の理由トップ3は、「財政的事情」、「より物価が安い国へ行く予定だから」、 「十分な貯金がない」となっています。

■2016年旅行予算の高い国トップ10(括弧内は金額)
1位:オーストラリア(1,318,900円)
2位:スイス(1,222,100円)
3位:アメリカ(1,016,400円)
4位:イギリス(1,004,300円)
5位:ニュージランド(955,900円)
6位:カナダ(786,500円)
7位:オーストリア(774,400円)
8位:ドイツ(762,300円)
9位:フランス(726,000円)
10位:アルゼンチン(713,900円)