ニュージーランド航空、オークランド国際空港で生体認証技術搭載に自動手荷物預け機導入

NZbagdrop

ニュージーランド航空は、オークランド国際空港に世界初となる生体認証技術を搭載した荷物の自動預け入れシステムを導入した。現在は5基を導入しており、2016年の早い段階に8基に拡大する計画。

オンラインチェックインと自動チェックイン機を補完するもので、出入国審査などでも使用されているものと同様の生体認証技術を搭載。利用者はパスポートと搭乗券を読み取らせ、預け入れる手荷物を秤の上に置くと、重量チェックが行われた後に、手荷物運搬システムで運ばれる。

これにより、荷物を預けるためにかかる待ち時間を削減することができるとしています。

詳細はこちら