「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」を来年6月オープン スターウッド沖縄進出

シェラトン

スターウッドホテル&リゾートは、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」を2016年6月にオープンすることで、イシン・ホテルズ・グループと合意した。

現在のサンマリーナホテルを大幅に改装するほか、2017年にはタワーを新築する。サンマリーナホテルは200室、タワーは45室の計245室を備える。全客室にバルコニーが付いており、海の眺望が楽しめる。また、約3,536平方メートルの会議・イベント用スペース、屋内温水プール、屋外プール、マリーナ、屋内力上、フィットネスルーム、ギフトショップ、テニスコート、スパも完備する。アクセスは那覇空港からバスで約1時間20分。美ら海水族館にも近い。

スターウッドホテル&リゾートのロタ・ペールアジア太平洋地区オペレーション担当上席副社長は、「今回の合意は、シェラトンブランドを再度沖縄に進出させるだけでなく、スターウッドの沖縄における新しいブランド戦略を示すもので、現在進めているグローバルな改革プラン“シェラトン 2020”の一環となります。ホテル業界を代表するブランドのひとつであるシェラトンは、新築・改築を含めて堅調に成長しており、2020年には全世界で同ブランドのホテルが150軒新規開業する見込みです」とコメントしている。

スターウッドホテル&リゾートは、「シェラトン沖縄宜野湾ホテル」を2011年に開業予定だったものの、開発を行う会社の経営破綻に伴い断念していた。

詳細はこちら