ユナイテッド航空、機内とラウンジでイリーのコーヒーを提供

illy

ユナイテッド航空は、イタリアの老舗コーヒーブランド、イリーカフェと業務提携し、機内と空港ラウンジでイリーのコーヒーを無料で提供すると発表した。

12月からイリーを代表するダークロースト・コーヒーとエスプレッソをアメリカ本土のハブ空港のラウンジで提供し、2016年以降、他の空港ラウンジでの提供を順次開始する。機内では2016年夏より提供を開始する予定。導入にあたっては、乗客とユナイテッド航空社員を対象に、長期にわたる地上と機内での試飲を実施した。

ユナイテッド航空のジミー・サマーティスフードサービス・ユナイテッドクラブ担当副社長は「今回のイリーとの提携により、一杯の香り高いコーヒーが、お客様に世界をもっと小さく感じさせ、そして飛行機での旅をさらに特別なものにすると確信しています。一杯のコーヒーと言えども、世界で最も有名なプレミアムコーヒーをユナイテッドクラブと機内に導入することは、お客様にプレミアムな品質とおもてなしをお届けすることにつながるのです」とのコメントを発表した。

イリーカフェのアンドレア・イリー会長兼最高経営責任者(CEO)は「当社がユナイテッド航空の世界中のフライトでコーヒーを提供するパートナーとして選ばれたことはとても光栄です。イリーを選択していただいたその過程と最終判断からも、ユナイテッド航空がお客様に最高品質のプロダクトと、その体験を提供することに、いかに真剣に取り組んでいるかがわかります。今回のユナイテッド航空との新しい関係は、イリーが品質に情熱を傾け、コーヒー文化とその素晴らしさを代表するブランドであることを世界へ伝えるための証にもなるでしょう」と述べた。

詳細はこちら