ユーグレナ、バイオジェット燃料などの実用化推進 ANAも空港給油オペレーションなど提案

euglena2

ユーグレナは、横浜市、千代田化工建設、伊藤忠エネクス、いすゞ自動車、全日空(ANA)と、2020年に向けた国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化計画を推進すると発表した。

日本初となるバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを、横浜市の京浜臨海部にある旭硝子京浜工場内に2016年夏より建設を開始し、2017年内の竣工、2018年前半の稼働開始を目指す。広さは約9,000平方メートルで、バイオケロシン(ジェット燃料)、バイオディーゼル、バイオナフサの生産を計画している。

ユーグレナでは、2010年5月からバイオジェット燃料の研究を行っており、2014年6月よりいすゞ自動車とバイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術に関するライセンス契約などを締結している。横浜市はプラントの建設や運営支援、千代田化工建設はプラントの設計や調達・建設、伊藤忠エネクスは微細藻類ユーグレナ以外のバイオ燃料原料の調達や生産物の需給・物流の調査検証、ANAは空港での給油等のオペレーションに関わる提案をそれぞれ行う。

2020年までに環境整備を経て、バイオディーゼルを用いて公道の走行や、バイオケロシンを用いた有償フライトを予定している。

詳細はこちら