アパグループ、大阪市内に超高層タワーホテル建設へ 860室規模に

apahotel

アパグループは、大阪市中央区南本町に超高層タワーホテル開発用地を取得した。所有名義はアパマンション。

アパグループとして大阪市内で最大級のランドマークホテルとして860室規模の超高層タワーホテルを計画。詳細は決定しだい公表する。

大阪市営地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線の本町駅18号出口に直結しており、御堂筋と交差する中央大通に面している。梅田駅へ4分、なんば駅へ4分、新大阪駅へ11分、伊丹空港へ40分と主要ターミナルや空港へのアクセスに優れている。

現在、大阪市内では「アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉」「アパヴィラホテル〈淀屋橋〉」「アパヴィラホテル〈大阪谷町四丁目駅前〉」「アパホテル〈大阪天満〉」「アパホテル〈なんば心斎橋〉」「アパホテル〈御堂筋本町駅前〉」「アパホテル〈天王寺駅前〉」「アパホテル〈大阪谷町〉」の8軒のホテルを運営しており、2017年には「アパホテル〈御堂筋本町駅東〉」を開業する計画。

■関連記事
アパグループ、みなとみらいに高層ホテル建設 2,400室規模に

詳細はこちら