アパグループ、名古屋・久屋大通にホテル建設予定地取得 2017年6月オープンへ

apahotel

アパグループは、名古屋市丸ノ内3丁目にホテル開発用地を取得した。所有名義はアパホーム。

15階建てで344室を擁する「アパホテル〈名古屋久屋大通駅前〉」を建設し、2017年6月にオープンする計画で、名古屋市営地下鉄名城線、桜通線の久屋大通駅から徒歩2分、名古屋市営地下鉄東山線、名城線の栄駅から徒歩7分、名鉄瀬戸線の栄町駅から徒歩8分で3駅4路線が利用可能。久屋大通やセントラルパーク、テレビ塔に近接するほか、百貨店や大型商業施設が近いことから、ビジネスや観光での利用を見込む。

名古屋市では、3棟のアパホテルを運営しており、2017年3月には「アパホテル〈名古屋栄東〉」をオープンする計画。これにより5軒1,398室を運営することになる。

■関連記事
アパグループ、みなとみらいに高層ホテル建設 2,400室規模に

詳細はこちら