ルフトハンザ、スト終結 あす14日から順次通常運航に

ルフトハンザ・ドイツ航空

ルフトハンザ・ドイツ航空は11月14日よりできるだけ早い段階で、通常通りの運航に戻ると発表した。

14日にドイツを出発する長距離路線は全便で運航を行うものの、日本発便は13日ドイツ発の欠航の影響を受けており、大阪/関西発フランクフルト行きLH741便を除いて欠航となる。短距離、中距離線はほぼ通常通りの運航となる見込みであるものの、乗務員手配や機材繰りのため一部で欠航となるフライトもあるとしています。

今回の客室乗務員が所属する労働組合UFOのストライキは、ルフトハンザ・ドイツ航空の歴史の中で最長期間実施された。これにより、7日間で4,700便が欠航となり、約55万人に影響が出た。

詳細はこちら