国産旅客機「MRJ」初飛行成功 約1時間半に渡って飛行

三菱航空機は、開発中の国産旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ/Mitsubishi Regional Jet)」の初飛行を11月11日午前に県営名古屋空港周辺で実施した。

午前9時半過ぎに県営名古屋空港を離陸し、随伴機とともに約1時間半に渡って主に太平洋上で飛行を行った。初飛行の模様はUstream(ユーストリーム)で配信され、名古屋空港の展望デッキは閉鎖された。

MRJは「YS-11」以来、約56年ぶりの国産旅客機。2017年第2四半期にも全日空(ANA)に初号機が引き渡される計画。

■関連記事
県営名古屋空港、「MRJ」初飛行で展望デッキを閉鎖 11月8日から15日まで
国産旅客機「MRJ」、初飛行はユーストリームで配信
JALグループ、三菱航空機の国産旅客機「MRJ」の導入を決定!
三菱航空機、MRJの初飛行・納入スケジュールを延期=初飛行は2015年、納入は2017年に!