ハイアット、ニセコに「パークハイアット」2019年開業 レジデンスも

香港の不動産開発会社パシフィック・センチュリー・プレミアム・ディベロップメンツ(PCPD)とハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツはホテル・レジデンス運営受託契約を締結し、北海道・ニセコに、ホテルと日本初となる「パーク ハイアット レジデンス」を擁する「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」を2019年に開業すると発表した。

計画予定地は、ニセコ・アンヌプリ山の裾野に広がる4つのスキー場のひとつで、パシフィック・センチュリー・プレミアム・ディベロップメンツが段階的に開発を手掛けている敷地面積約78.9平方メートルの「ニセコ HANAZONO リゾート」内。ゲレンデに隣接する敷地内に、約100室の客室、レストラン&バー、ミーティングスペース、スパ、フィットネスセンター、屋内スイミングプールなどを備え、約100室を分譲販売する「パーク ハイアット レジレンス」を併設する。レジデンスのオーナーがレンタル・プログラムに参加した場合、レジレンスが空室の際にはパーク・ハイアットがホテルの客室として運営する。

パシフィック・センチュリー・プレミアム・ディベロップメンツの副会長兼CEOのロバート・リー氏は、「ハイアットとの契約締結は、ニセコを世界屈指のリゾート地に発展させるという私どもの長期的な開発計画において重要な節目となります。世界的に有名なハイアットとの提携により当プロジェクトの注目度がさらにアップし、地域コミュニティの持続的成長を支援するニセコのランドマークへと発展することを確信しております。パシフィック・センチュリー・プレミアム・ディベロップメンツはハイアットとのパートナーシップを強化し、アジア太平洋地区で高い成長率を誇るこのエリアの開発に、積極的に取り組んでまいります」とコメントしている。

ハイアットは現在、パークハイアット、アンダーズなどの10軒のホテルやリゾートを日本国内で運営している。

詳細はこちら