バニラエア、機内メニューに新メニュー、新グッズを追加

IWcQvVgnCisZHsW1446621554

バニラエアは、11月1日より機内メニュー「Flight Kitchen」を衣替えし、新メニューやオリジナルグッズを追加した。

一押しメニューは12月20日に迎える就航2周年を記念し開発した「バニラエア特製オレンジマドレーヌ」(400円)。プレジャー路線を飛ぶバニラエアらしく、太陽のエネルギーをふんだんに浴びて育ったオレンジのピールをしっとり柔らかいマドレーヌに織り込み、香り豊かな一品に仕上げた。

3ヶ月毎に変わるシーズナルメニューでは2つのメニューがラインナップ。「ふわとろ半熟たまごのチキンオムライス」(750円)はチキンライスの上にふんわりとろける半熟卵を乗せ、ソテーチキンと彩鮮やかな野菜を添えた温かいメニューとなっている。サンドウィッチメニューは「かぼちゃサラダとターキーの季節のバゲットサンド」(650円)に一新。程よい甘さのかぼちゃと柔らかいターキーをバゲットで包んだ、ホリデーシーズンにぴったりのバゲットサンドとなっている。

また、機内と成田空港の「V store」にて「バニラエア オリジナル 2016 卓上カレンダー」(1,000円)の販売もスタート。写真はすべて航空写真家・チャーリィ古庄さんの撮りおろしとなっており、航空撮影のプロフェッショナル渾身のショット満載のカレンダーとなっている。

詳細はこちら