コンラッド、コンシェルジュサービス・プラットフォーム「コンラッド1/3/5」を世界同時ローンチ

conrad

コンラッド・ホテルズ&リゾーツは、「Stay Inspired(ステイ・インスパイアード)」という新たなコンセプトのもとに、従来的なホスピタリティサービスから「デスティネーションのストーリーテラー」へと進化することを発表した。

これに伴い、1時間・3時間・5時間という限られた時間の中で街と出逢える旅の体験を紹介するためのコンシェルジュサービス・プラットフォーム「コンラッド 1/3/5」の提供を開始する。

「ステイ・インスパイアード」を推進するため新たにディレクター・オブ・インスピレーションの役職を設け、コンデナスト社のデジタルフードブランド「エピキュリアス(Epicurious)」や全米大手旅行誌「トラベル+レジャー(Travel+Leisure)」などの経歴をもつニロウ・モタメド氏を起用。仕事、人生、この世の歓びを謳歌する“スマートラグジュアリー・トラベラー”のニーズを満たす「コンラッド 1/3/5」のコンテンツ開発に向けてまず着手したのは、世界中のコンラッドがある都市を自ら旅すること。ロンドンや東京、ニューヨーク、香港など、自身が行く先々で感じとった「街との出逢い」「触発される体験」をまとめ、「コンラッド 1/3/5」第一弾として StayInspired.comで公開した。

コンラッド・ホテルズ&リゾーツのグローバルヘッド、ジョン・T・A・バンダースライス氏は、「現代のスマートラグジュアリー・トラベラーは、『Inspired=触発される体験』が発見できるデスティネーションを求めています。そこで我々は、コンシェルジュがお客様との接点を持つだけでなく、ホテルスタッフ全員によるお客様とのコミュニケーションが重要であると考えたのです。ニロウとのパートナーシップのもと、従来的なコンシェルジュサービスの枠組みを超えたストーリーテラーを育てるためのスタッフの意識改革やトレーニングに取り組みました。」と述べている。

詳細はこちら