ナッツを求め機内でキャビンアテンダントに暴行した男性 逮捕

ローマからシカゴへ向かうユナイテッド航空に乗っていた42歳の男性が「ナッツ」を執拗に要求し、さらにはキャビンアテンダントに対して暴行を加えたとして逮捕、勾留されていることがわかりました。

現地メディアの報道によると、6月20日、ユナイテッド航空機がローマを離陸して15分後、まだシートベルトサインが点灯中に男性は「ナッツ」をキャビンアテンダントに対して執拗に要求しました。さらにナッツを持ってくるまで席に座ることを拒否したため、乗務員は彼をなだめるためにナッツを与えました。

しかし10分後、彼はまたナッツを要求し、その要求が受け入れられないと分かるとキャビンアテンダントに対して暴行を加えました。飛行機はベルファスト国際空港に着陸することとなり、男性は飛行機から降ろされましたが、離陸した場合に乗務員の法定飛行時間が超えることが分かったため、飛行機は一晩駐留され24時間後にシカゴへ向かうこととなりました。

282人の乗客の多くがターミナルで一晩過ごすこととなり、さらにユナイテッド航空は燃料の補給や駐留費などで50万ポンドの損害が発生したとしています。

詳細はこちら