JAL、燃油サーチャージ値下げ 12月発券分から

JAL(メイン)

日本航空(JAL)は、12月1日から2016年1月31日発券分の国際線航空券の燃油サーチャージを、値下げすると発表しました。

JALでは、燃油サーチャージを2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直しており、2015年8月から2015年9月のシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり57.92米ドル、為替レートは1ドル=121.80円で、円貨換算額は7,054円となったため、引き下げを決めた。

■燃油サーチャージ額(2015年12月〜2016年1月発券分/片道)
・日本〜韓国・極東ロシア 500円⇒300円
・日本〜中国・台湾・香港 2,500円⇒1,500円
・日本〜グアム・フィリピン・ベトナム・パラオ 3,000円⇒2,000円
・日本〜タイ・シンガポール・マレーシア 4,500円⇒3,000円
・日本〜インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 6,000円⇒4,000円
・日本〜北米・欧州・中東・オセアニア 15,000円⇒7,000円

詳細はこちら