トランスアエロ航空、事実上破綻 S7航空が買収か

transaero

トランスアエロ航空は、10月21日までに事実上破綻したことがわかった。すでに航空券の販売は停止しており、12月15日までは通常通り運航すると発表している。12月16日以降出発分の航空券は全額払い戻しを行う。

ロシアのタス通信によると、負債額は約2,500億ルーブル(約4,798億円)だった。ブルームバーグによると、ロシア第3位のS7航空が発行済株式総数の51%以上を取得する意向を示し、意向書を締結している。

トランスアエロ航空は、ロシア第2位の航空会社。急激なルーブル安や機材拡充によって経営状況が悪化。エアバスA380型機などの受領を延期していた。ロシア最大手のアエロフロート・ロシア航空が1ルーブル(約2円)買収を行うことで再編を目指していたものの、その後断念していた。

■関連記事
アエロフロート、トランスアエロ航空の買収断念へ 約2円で買収を計画
トランスアエロ航空、エアバスA380型機の受領延期へ 需要低迷理由か

詳細はこちら