【フォトレポート】JR西日本、新幹線エヴァンゲリオンプロジェクト「500 TYPE EVA」車両を報道陣に公開!

_MG_9023

JR西日本は、山陽新幹線の全線開業から40周年、アニメ「エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始から20周年を記念した「500 TYPE EVA」車両を1、1月7日からの運転開始を前に博多総合車両所で報道陣に公開した。

_MG_9074

_MG_9114

_MG_9178

_MG_9182

_MG_9310

車内には1号車に「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」を設置した。

_MG_9331

_MG_9354

1号車には、「実物大コックピット搭乗体験」を設置。利用は特設サイトでの抽選応募または専用旅行商品で事前の予約が必要となる。

_MG_9322

1号車には、「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」「フォトスポット」「ジオラマ」のコーナーを設置。入室には特設サイトでの抽選応募または専用旅行商品で事前の予約が必要となる。

_MG_9224

2号車に「500 TYPE EVA 特別内装車」を設置した。

_MG_9252-

_MG_9255

2号車は通常の自由席車両として利用できる。

_MG_9265

2号車には、1号車展示・体験ルームへの待機席が設置されている。

_MG_9207

3号車にある喫煙ルームにもキャラクター。

_MG_9078

_MG_9402

_MG_9458-

運転期間は、11月7日から2016年3月までの予定。博多6時36分発新大阪11時14分着「こだま730号」、新大阪11時32分発博多16時7分着「こだま741号」で運転される。

なお、運転開始日の11月7日より博多駅に「500 TYPE EVA  Cafe」「500 TYPE EVA SHOP」を開設する。

■関連記事
JR西日本とジェイアールサービスネット福岡、「500 TYPE EVA Cafe」「500 TYPE EVA SHOP」を博多駅に11月7日オープン!
JR西日本、500 TYPE EVAに「展示・体験ルーム」「特別内装車」を設置!
山陽新幹線と「エヴァンゲリオン」がコラボ 今秋より「500 TYPE EVA」車両を運転